本文へスキップ


享和3年(1803年)菅江真澄が観た情景が今ここに。


秋田県大館市十二所で江戸時代に行われていた「かまくらやくの祝い」を復活しました。

毎年2月14日午後5時30分頃から大館市十二所公民館前で行っています。

お知らせ

<お知らせ>本年(令和3年2月14日)の「十二所かまくらやき」について
  ・本年は規模を縮小した上で、「無病息災」を祈願し行います。
  ・テントの設営、豚汁・甘酒の提供、「はっぴ」の貸し出しは行いません。
  ・観覧をなさる方は間隔を保ち、密を避さけて下さるようお願いします。
  ・ご希望の方には炭俵をお渡しますが、例年のように補助は行いません。
  ・以前行った事があり、一人で出来る方のみの参加とさせて頂きます。

お問い合わせ

TEL:0186-43-7123
(大館市十二所公民館)

Mail:kamakura@gi-r.com
(十二所かまくらやき
広報担当:高橋)

後 援

大館市十二所公民館
十二所建設業協会

日 時

毎年2月14日
17時30分頃から

場 所

大館市十二所公民館前
秋田県大館市十二所元館1-1
※JR花輪線十二所駅より徒歩5分
※お車のご来場も可能です。
※駐車場(無料)あります。