(株)地理情報リサーチ使用可能・時間短縮・機能豊富・二台目半額・保守格安・お買い得

地理情報リサーチ
Survey Plan トップ
製品概要・特徴
対応業務一覧
機能説明
ご購入/ライセンス取得方法
ご購入前によくあるご質問
操作に関するよくあるご質問
無料ダウンロード
乗り換え/2台目キャンペーン
お問合せ
(株)地理情報リサーチ
コストパフォーマンス抜群の測量設計等委託業務積算システム Survey Plan Ver7


< 初回起動時の注意事項 >

 ウィルス対策ソフトに関しては、そのセキュリティの設定により、セットアップ(インストール)あるいは初回起動時にどうしてもエラー(プログラムが強制終了される等)になってしまう場合があります。

 その場合は、セットアップ(ダウンロード)からSurveyPlan7の初回起動が終了するまでの間、ご使用のウィルス対策ソフトを一時的に停止あるいは終了して下さい。

 その方法はウィルス対策ソフトによって異なりますが、ウィルスバスターグラウドの場合は次の方法により行って下さい。

※タスクバーに表示されている、ウィルス対策ソフトを選択・右クリックし、「リアルタイムスキャン」のチェックを外すあるいは「終了」して下さい。


 SurveyPlanのセットアップ(インストール)及び初回起動が正常に出来た場合は設定を元に戻して下さい。


 起動時に「システムを起動しています。しばらくお待ち下さい。」
の画面のままになってしまった場合

あるいは

   起動時に「オペレーティングシステムは現在このアプリケーションを
実行するように構成されていません。」
の画面のままになってしまった場合

 Windows Update によりSurveyPlan7起動時に「システムを起動しています。しばらくお待ち下さい・・・」のまま次に進まなくなってしまう場合があります。

このままの状態で次に進まない・・・



あるいは

 Windows Update によりSurveyPlan7起動時に「オペレーティングシステムは現在このアプリケーションを実行するように構成されていません。」のまま次に進まなくなってしまう場合があります。

このままの状態で次に進まない・・・



1、この場合は、上記画面を右クリックし、強制終了させて下さい。
※終了出来ない場合は、[CTRL+Alt+Delete」キーを同時に押下し、「タスクマネージャー」により強制終了して下さい。

※この障害は 「Micorsoft Access Database Engine 」が Windows Update によりUpdate される事によって発生します。
※個々のPC にインストールされている Microsoft Office 製品及びWindows Update のタイミング等によりまれに発生する障害です。

2、Windows の スタート  をクリック、設定  をクリック、アプリをクリック。



3、「Microsoft Access database engine 2010」を.リックし、▲▲鵐ぅ鵐好函璽襪鬟リックし、アンインストールを行います。
3−1、アンインストール出来ない場合は「変更」をクリックし、アンインストールを選択します。
3−2、「このアプリがデバイスに影響を与える事を許可しますか?」が表示されたら「はい」を選択します。



3−3、修復かアンインストールかの画面が表示された場合は「アンインストール」を選択。



3−4、「Microsoft Access database engine 2016」をクリックし、ぅ▲鵐ぅ鵐好函璽襪鬟リックし、アンインストールを行います。

4、コンピューターの「C:\SurveyPlan7」フォルダーを開きます。

4−1、「ADE2016.SET」ファイルが在る場合は削除します。

4−2、「AdeInstall.bat 」ファイルが在れば、ダブルクリックして、「Microsoft Access database engine 2010」及び「Microsoft Access database engine 2016」をインストールします。

4−3、「このアプリがデバイスに影響を与える事を許可しますか?」が表示されたら「はい」を選択します。

4−4、「AdeInstall.bat 」ファイルが無い場合、弊社ホームページから最新版をセットアップして下さい。

※令和4年度のバージョンアップをまだ行わないという場合は「install.bat」ファイルをダブルクリックして再セットアップを行って下さい。



5、最終的に下記のとおり「Microsoft Access database engine 2010」のサイズが110MB、「Microsoft Access database engine 2016」のサイズが137MBであればSurveyPlan7が正常に動作します。
※Windows Update により サイズが異なっている場合、本障害が発生する場合があります。



※SurveyPlan7を起動する度に下記「前バージョン情報に移行選択」画面が表示される場合も上記2〜5の処理を行って下さい。




初めてそのパソコンにセットアップ(インストール)した場合

      < アップデート(バージョンアップ)した場合はこちら >




※以前別のパソコンでSurveyPlan7を使用していて、そこでお客様が作成/編集したデータを新しいパソコンに引き継ぎたい場合。

 以前のパソコンの「C:\SurveyPlan7」内の全ファイルをその「\SurveyPlan7」のフォルダーごと、新しくセットアップするパソコンの「C:\SurveyPlan7」にコピーしてからセットアップ(インストール)処理を行って下さい。

 その場合は以前SurveyPlan7を使用していてそのパソコンにアップデート(バージョンアップ)した場合を参照して下さい。


(1)デスクトップ上にあるSurveyPlan7のアイコンをダブルクリックし、本システムを起動します。

(2)ライセンス登録画面が表示された場合は「試用中(ライセンスキー取得中)をクリックします。

※ライセンスキーの取得方法は「ライセンスキー取得方法」をクリックして下さい。

※ネットワークライセンスの取得方法については「マニュアル」の「2.4 ライセンスキーの登録」をご参照下さい。



(3)下記のエラーが発生した場合は、一旦SurveyPlan7を終了して「データベースアクセスエンジンのセットアップ」を実行してから再度SurveyPlan7を起動して下さい。



(4)「管理者としてこのプログラムを実行して下さい。」の画面が表示された場合は
  OK」をクリックしてSurveyPlan7を終了して下さい。
 ▲妊スクトップのSurveyPlan7のアイコンを右クリックして、プロパティを表示して下さい。
 「互換性」のタブを選択して、「管理者としてこのプログラムを実行する」をチェックして下さい。
 ぁOK」をクリックして下さい。
 ズ禿SurveyPlan7を起動すると、「ユーザーアカウント制御」画面で「この不明な発行元からのアプリがデバイスに変更を加える事を許可しますか?」と表示されますので「はい」を選択して下さい。
 SurveyPlan7が正常に起動出来た場合は、次回SurveyPlan7を起動する前に「管理者としてこのプログラムを実行する」のチェックは外して下さい。




(5)「労務単価の反映」画面が表示された場合は、ご利用の都道府県名を選択し、「反映実行」をクリックします。
※都道府県名がご利用の都道府県名と一致している場合でも必ずこの作業を行って下さい。



                    ご利用の都道府県を選択



                      「全選択」をクリックします。
(6)「反映実行」をクリックします。



(7)SurveyPlan7のトップメニューが表示され、起動確認が出来ました。

※操作方法についてはマニュアルをご参照下さい。



既にSurveyPlan7がインストールされているパソコンにアップデート(バージョンアップ)した場合

※アップデートを行う場合は、アップデートを行う前に既存(見積)データの書出/保存あるいはバックアップ処理を行う事をお勧めします。


(1)デスクトップ上にあるSurveyPlan7のアイコンをダブルクリックし、本システムを起動します。

(2)ライセンス登録画面が表示された場合は「試用中(ライセンスキー取得中)」をクリックします。

※ライセンスキーの取得方法は「ライセンスキー取得方法」をクリックして下さい。

※ネットワークライセンスの取得方法については「マニュアル」の「2.4 ライセンスキーの登録」をご参照下さい。




(3)「管理者としてこのプログラムを実行して下さい。」の画面が表示された場合は
  OK」をクリックしてSurveyPlan7を終了して下さい。
 ▲妊スクトップのSurveyPlan7のアイコンを右クリックして、プロパティを表示して下さい。
 「互換性」のタブを選択して、「管理者としてこのプログラムを実行する」をチェックして下さい。
 ぁOK」をクリックして下さい。
 ズ禿SurveyPlan7を起動すると、「ユーザーアカウント制御」画面で「この不明な発行元からのアプリがデバイスに変更を加える事を許可しますか?」と表示されますので「はい」を選択して下さい。
 SurveyPlan7が正常に起動出来た場合は、次回SurveyPlan7を起動する前に「管理者としてこのプログラムを実行する」のチェックは外して下さい。




(4)「前バージョン情報の移行情報選択」画面が表示された場合は、「システム設定情報及び業務データを選択して移行する。」を選択して「実行」をクリックします。

※通常「システム設定情報及び業務データを選択して移行する。」を選択します。

(注)「システム設定情報及び全業務データをユーザー定義として移行する。」を選択すると、
   使用していない業務データも全て複写されデータ容量が大きくなりますのでご注意下さい。



(5)移行したい、システム設定情報及び業務データを選択して、「F5:保存実行」をクリックします。



(6)「データベースアクセスエンジンのセットアップ」画面が表示された場合は、「インストール実行」をクリックして下さい。

(注1)画面の指示に従ってデータベースエンジンのセットアップ処理を実行して下さい。

(注2)データベースエンジンのセットアップが完了後、途中でエラーが発生した場合やトップメニューの「2.既存見積書の呼出・編集」で以前お客様が作成した見積書が表示されない場合。

 「10.システム情報・自社情報の設定」の「4.システム復旧・バックアップ」で以前お客様がバックアップしたデータのリストア処理(「リストア開始」)を行った後、最初から再度アップデート(セットアップ)を行って下さい。

 こういった場合の為にも、アップデートを行う場合は、アップデートの前に既存(見積)データの書出/保存あるいはバックアップ処理を行う事をお勧めします。



※データベースアクセスエンジンのインストールウィザードが開始された場合は、画面の指示に従ってセットアップを行って下さい。




(7)「労務単価の反映」画面が表示された場合は、ご利用の都道府県名を選択し、「反映実行」をクリックします。
※都道府県名がご利用の都道府県名と一致している場合でも必ずこの作業を行って下さい。



                    ご利用の都道府県を選択



                      「全選択」をクリックします。
(8)「反映実行」をクリックします。



(9)SurveyPlan7のトップメニューが表示され、起動確認が出来ました。

※操作方法についてはマニュアルをご参照下さい。




以上

ページトップに戻る


サイトTOPGISSurvey Planプライバシーポリシー会社案内お問合せ
海賊版について北東北の山と花の旅かまくらやきDivingTakahashi Sokuryou
Copyright (c) 2005-2022 By Geographic Information Research Co., Ltd. All Rights Reserved.
sitemap