(株)地理情報リサーチ使用可能・時間短縮・機能豊富・二台目半額・保守格安・お買い得

地理情報リサーチ
Survey Plan トップ
製品概要・特徴
対応業務一覧
機能説明
ご購入/ライセンス取得方法
ご購入前によくあるご質問
操作に関するよくあるご質問
無料ダウンロード
乗り換え/2台目キャンペーン
お問合せ
(株)地理情報リサーチ
コストパフォーマンス抜群の測量設計等委託業務積算システム Survey Plan Ver7

SurveyPlan 7.8.2.5 をダウンロード/セットアップします。
< 最終更新日付:2021/4/15 >

※ネットワークやUSBあるいはメール等で他のPCと見積書(積算データ)のやり取りが出来るようになしました。

※測量業務の精度管理費を条件設定により、代価表で算出するか、最後にまとめて直接経費で算出するかを選択出来るようになりました。

※バージョン(7.7.4.1)からデータベースの形式が変更になりました。

※Ver7からインストールとバージョンアップはセットアップとして統合しました。

※バージョンアップ(アップデート)する場合は、予め既存データのバックアップ処理を行う事をお勧めします。

※SurveyPaln7を起動している場合は必ず終了してから、バージョンアップ(アップデート)を行って下さい。



ダウンロード/セットアップ

※下記のソフトウェア使用許諾条件にご同意の上、セットアップを行って下さい。

※本システムを初めてセットアップされる方は必ずセットアップ方法及びセットアップ後の初回起動時の操作方法をご参照下さい。

※セットアップあるいは初回起動に失敗した場合も再度ご参照下さい。

●セットアップ(インストール/アップデート)方法はこちら。

●セットアップ後の初回起動時の操作方法はこちら。

●アンイストール(削除)方法はこちら。

※初めてSurveyPlan7をご使用になる場合はマニュアルをご参照下さい。

ダウンロード(セットアップ)開始  −−>>  

●バージョン7.8.0以前のバージョンからのバージョンアップでは新しいライセンスキーが必要(有料)となります。

※令和3年1月1日以降にご購入、有料バージョンアップされている場合は無料です。

<< 令和2年度歩掛データで積算したい場合 >>

・測量業務については「業務件名の登録・選択」に於いて、「2.測量業務(R2)」を選択して頂ければ、最新版でもに令和2元年度歩掛で積算が出来ます。

・測量以外の業務に付きましては新規に追加した工種(公開成果品作成)及び率による安全費の積算を選択しなければ、最新版でも令和2年度と同じ積算が出来ます。

・技術者単価・労務単価等は令和2年度・令和3年度単価の選択が出来ます。

・令和2年度の技術者単価・労務単価を使用したい場合は「2.業務件名の登録・選択」の「単価セット」で「2.標準単価 令和2年度」を選択して下さい。

料金(試用期間経過後も使用して頂ける場合)<価格表(安価な理由は?)>

 ・令和3年1月1日以降にご購入/有料バージョンアップのお客様:無料
 ・バージョン7.8以上のお客様:無料(ライセンスキーの再登録不要)
 ・バージョン6.0以上のお客様:¥25,000−(税抜)
 ・1台購入して頂ければ社内ネットワーク(LAN)上にあるパソコンは何台使用しても無料
 ・ネットワークに繋がっていない場合、2台目以降購入のお客様:¥49,000−(税抜)
 ・新規ご購入のお客様:¥98,000−(税抜)
 ・乗り換え/2台目キャンペーン購入のお客様:¥68,000−(税抜)

ページTOPに戻る


アップデート(積算データ追加・更新)内容 < PDF >

バージョン7.7.7.1の更新内容 < PDF >

バージョン7.7.4.1の更新内容 < PDF >

<令和3年4月12日 Ver7.8.2.3>
1、2021年4月の市場単価に更新しました。
2、測量成果検定料を更新しました。
<令和3年3月17日 Ver7.8.2.2>
1、お客様が業務工種を編集(工種の複写、移動、名称変更等)、代価の編集を行った事がわかるように、業務名称の後に<ユーザー編集有り>と表示するするようにしました。
※お客様が編集した業務は、バージョンアップにより歩掛の更新があった場合、バージョンアップ(更新)の対象となりませんのでご注意下さい。
※元々の業務はバージョンアップ(更新)されますので、その場合は新規見積書の作成を行って下さい。

<令和3年3月16日 Ver7.8.2.1>
1、測量業務に国有林野内用地測量を追加しました。
2、補償調査に国有林野所管換申請書類作成業務を追加しました。

<令和3年2月26日 Ver7.8.1.1>
1、令和3年度・設計業務等標準積算基準書および同(参考資料)に対応しました。
・測量業務の各工種の経費率の更新、路線測量の歩掛更新。
・土木設計業務に「公開成果品作成」歩掛を追加。
・地質調査業務に率による安全費の積算を追加。
・橋梁定期点検業務に率による安全費の積算を追加。

<令和3年2月26日 Ver7.8.0.1>
1、令和3年度 設計業務委託等技術者単価に更新。
2、令和3年度 公共工事設計労務単価に更新。
3、令和3年度 旅費交通費の率を用いない積算時の日当・宿泊料の更新。
・見積書(積算データ)の保存/書込及び読込機能を追加した事により、異なるパソコン同士でネットワークやUSBあるいはメール等で見積書(積算データ)のやり取りが可能となりました。

<令和3年1月28日 Ver7.7.7.6>
1、新潟県 土木工事簡易設計業務を追加しました。
<令和3年1月27日 Ver7.7.7.5>
1、測量業務に神奈川県道路台帳整備作業を追加しました。

<令和2年11月5日 Ver7.7.7.1>
1、測量業務で単位数量当り単価の場合、有効数字4桁(5桁目以降切り捨て)とする処理を条件設定で一括で変更出来るようにしました。
(補足説明)これまでは工種編集により、補正数・端数の処理方法を工種毎に変更しなければならなかったのを補正数・端数の処理方法を測量/地質調査業務にしておけば条件設定でその切り替えが出来るようにしました。

2、測量業務の精度管理費を条件設定により、代価表で算出するか、最後にまとめて直接経費で算出するかを選択出来るようにしました。
(補足説明)農水省等の積算では、精度管理費で代価を算出しないで、最後にまとめて直接経費で算出する場合があり、その変更を条件設定で変更出来るようにしました。

3、測量業務で業務工種を工程毎に代価を算出して内訳表で工種毎の代価を算出していたのを工種毎にも1つの代価で算出出来るようにしました。
(補足説明)業務工種を工程毎に代価を算出する方法では、業務工種の複写が簡単にできないため、旧来ように業務工種毎に1つの代価で算出出来る業務工種も用意しました。
その場合業務工種名称の後に(内訳区分なし)と表示されますが、見積書及び印刷時には(内訳区分なし)は表示/印字されません。

<令和2年10月27日 Ver7.7.6.8>
1、水文測量に河川測量を追加しました。
<令和2年10月27日 Ver7.7.6.7>
1、測量業務で単位数量当たり単価の場合、有効数字4桁とする処理をするかしないかの選択を「4.見積書の作成・編集」の「F10:条件設定」及び「4.業務の登録・編集・検索・一覧」の「F5:名称編集」で出来るようにしました。
<令和2年10月2日 Ver7.7.6.5>
1、測量業務の写真台帳作成を用地測量(ha)及び用地測量(万)に追加しました。
<令和2年9月30日 Ver7.7.6.4>
1、測量業務の河川測量等の工種で測量幅等の条件設定を複数設定出来るようにしました。
<令和2年9月17日 Ver7.7.6.1>
1、データベースアクセスエンジンのセットアップのガイダンスを追加しました。
<令和2年8月12日 Ver7.7.4.5>
1、NEXCOの測量業務の端数処理方法を更新しました。
2、安全費の対象単価に電子成果品作成費、旅費交通費を含めるようにしました。
<令和2年8月11日 Ver7.7.4.4>
1、UR都市機構の測量業務の端数処理方法を更新しました。
<令和2年8月7日 Ver7.7.4.3>
1、基本測量(国土地理院)の端末処理方法を更新しました。
2、測量業務の電子基準点のみを使用した2級基準点測量の経費(機械経費等)を更新しました。
<令和2年8月3日 Ver7.7.4.1>
1、端数処理方法を更新しました。その事によりデータベースの形式が変更になりました。
<令和2年4月2日 Ver7.7.3.2>
1、測量業務、成果品検定料金を更新しました。
<令和2年3月31日 Ver7.7.3.1>
1、令和2年度 国土交通省 設計業務等積算基準書同(参考資料)に対応しました。
2、令和2年度 国土地理院 測量業務等積算基準に対応しました。
3、令和2年度 国土交通書 用地調査等業務費積算基準に対応しました。
<令和2年3月24日 Ver7.7.2.1>
1、令和2年4月の市場単価に更新しました。
<令和2年2月27日 Ver7.7.1.1>
1、令和2年度 設計業務委託等技術者単価に更新。
2、令和2年度 公共工事設計労務単価に更新。
3、令和2年度・設計業務等標準積算基準書および同(参考資料)に対応しました(道路設計・道路予備修正設計(B)及び橋梁設計・橋梁詳細設計)。
<令和2年2月19日 Ver7.6.7.1>
1、測量業務の用地測量()に土地調書添付図作成業務を追加しました。
<令和2年1月10日 Ver7.6.6.1>
1、水道施設設計業務を平成30年度版に対応しました。

<<参考>>
※令和3年度 設計業務委託等技術者単価 <PDF>
※令和3年度 公共工事設計労務単価 <PDF>
※労務単価については各都道府県及び市町村発表の最新のデータをご使用下さい。
※市場単価、材料費、機械経費、損料等については各地域の最新のデータをご使用下さい。
※設計業務等標準積算基準書に関する情報(国土交通省HP)
※設計業務等標準積算基準書および同(参考資料)(国土交通省HP)


アップデート(機能追加・修正)内容 < PDF >
−−− 2021/4/15 Ver7.8.2.5 −−−
・既存見積書の呼び出しを行うと、複写した工種の補正条件がクリアされるのを修正しました。
−−− 2021/4/13 Ver7.8.2.4 −−−
・各種経費率セットの登録・編集の「F5:名称編集」で下限価格、上限価格を入力すると解除(クリア)出来なくなるのを修正しました。
−−− 2021/4/12 Ver7.8.2.3 −−−
・旧バージョン(7.70以前)で作成した見積書を呼び出し、補正率の変更等を行った場合エラーになるのを修正しました。
・但し以前のバージョンで作成した見積書の補正率は正しく算出されない場合があります。
−−− 2021/3/13 Ver7.8.1.4 −−−
・精度管理費を直接経費でまとめて算出する処理を行った場合、現地測量の補正率が反映されないのを修正しました。
−−− 2021/3/11 Ver7.8.1.3 −−−
・既存見積書の読込を行った見積書を「3.業務工種の登録・選択」を行わず、「4.見積書の作成・編集」で「F7:項目編集」を行うと、現地測量の作業量補正が反映されないのを修正しました。
−−− 2021/3/8 Ver7.8.1.2 −−−
・保存/書込データの読込において、異なる見積提出先に読み込まれる場合があるのを修正しました。
−−− 2021/2/3 Ver7.7.7.9 −−−
・「別名保存」した見積書を削除しても元の見積書は削除しないようにしました。
−−− 2021/2/3 Ver7.7.7.8 −−−
・「別名保存」した見積書を削除すると元の見積書も削除してしまう場合(工種あるいは代価を変更した場合)があるのを修正しました。
※これまで「別名保存」した見積書は削除しないようにして下さい。
−−− 2021/2/3 Ver7.7.7.7 −−−
・代価編集で「単価検索」が出来ないのを修正しました。
−−− 2021/2/2 Ver7.7.7.7 −−−
・Ver7.7.7.6で「データベースのバージョンが異なるため、システムを起動出来ません。」のエラーが発生するのを修正しました。
−−− 2021/1/29 Ver7.7.7.6 −−−
・道路設計/一般構造物設計/門型ラーメン・箱型函渠予備設計及び擁壁・補強土予備設計に簡略化補正を追加しました。
−−− 2021/1/26 Ver7.7.7.5 −−−
・道路設計/一般構造物設計/法面工予備設計に簡略化補正を追加しました。
−−− 2021/1/21 Ver7.7.7.4 −−−
・編集作業画面で「変更確定」「変更破棄」のボタン表示されない場合があり、修正しました。
−−− 2020/11/12 Ver7.7.7.3 −−−
・現地測量の作業量補正をなしにしても作業量補正されてしまう障害を修正しました。
−−− 2020/11/9 Ver7.7.7.2 −−−
・まれに発生するファイルエラー、メモリエラー等の障害を修正しました。
−−− 2020/10/28 Ver7.7.6.6 −−−
・水文測量の高水流量観測の歩掛を修正しました。
−−− 2020/9/28 Ver7.7.6.6 −−−
・見積書の作成・編集で単価の変更を複数工種で行った場合、以前変更した単価が元に戻るのを修正しました。
・既存見積書の呼出した見積書の場合、その編集で親区分の数量を反映しても代価区分に反映されないのを修正しました。
−−− 2020/9/28 Ver7.7.6.3 −−−
・港湾局・測量業務の現地測量で作業量補正を修正しました。
−−− 2020/9/23 Ver7.7.6.2 −−−
・システム情報設定の編集設定で業務工種の移動を許可しても移動出来ないのを修正しました。
−−− 2020/9/8 Ver7.7.5.2 −−−
・補正数・端数の処理方法を変更した場合の代価表の出力を修正しました。
−−− 2020/9/4 Ver7.7.5.1 −−−
・見積書の作成・編集で単価の変更を行っても、反映されないのを修正しました。
・総括表の作成・編集の印刷でExcelファイル出力した場合、エラーが発生するのを修正しました。
・補正率の条件入力で「F2:条件入力」ファンクションキーを追加しました。
−−− 2020/8/31 Ver7.7.4.8 −−−
・見積書の業務番号と内訳書/代価表の業務番号が異なるのを修正しました。
・見積書の作成・編集で「削除」された項目が編集により復帰するのを修正しました。
−−− 2020/8/28 Ver7.7.4.7 −−−
・地籍調査の現況測量・復元測量の歩掛を修正しました。
−−− 2020/8/11 Ver7.7.4.4 −−−
・NEXCOの(地形測量)現地測量の補正式を修正しました。
−−− 2020/8/4 Ver7.7.4.2 −−−
・バージョン7.7.4.1で新しいデータベース形式が設定されていない箇所があり修正しました。
−−− 2020/7/27 Ver7.7.3.6 −−−
・地籍調査の復元測量のθ係数を修正しました。
−−− 2020/7/10 Ver7.7.3.5 −−−
・地質調査の解析調査の市場単価を更新しました。
−−− 2020/7/8 Ver7.7.3.4 −−−
・地籍調査の単価及び消耗品費の対象を変更/修正しました。
−−− 2020/6/18 Ver7.7.3.2 −−−
・地質調査の間接調査費に運搬費を追加しました。
・急傾斜地崩壊防止調査設計(北海道)の電子計算機使用料(%)を修正しました。
−−− 2020/5/21 Ver7.7.3.2 −−−
・地質調査の標準貫入試験(粘性土・シルト)の単価を修正しました。
−−− 2020/2/28 Ver7.7.1.2 −−−
・地質調査業務についても、率を用いた旅費交通費の積算を選択出来るようにしました。

>> アップデート/変更・更新履歴(PDFファイル形式)

※PDFファイルをご覧になるためには閲覧用のソフト「Acrobat Reader」が必要です。
ダウンロードする場合は下のアイコン(Adobe Get Acrobat Reader)をクリックしてください。
Acrobat Readerのダウンロード    

ページTOPに戻る

ソフトウェア使用許諾条件

本ソフトウエアを使用するに際し、下記使用許諾条件をよく御理解のうえご使用願います。
万一、この使用許諾条件に不服のある場合は、本製品の使用は認められません。

・本ソフトウエアの使用は1台のパソコンに限らせていただきます。

・有償・無償に関わらず第3者に貸与、頒布することは禁止します。

・本製品を運用したいかなる結果についても、販売元・開発元の両者は責任を負わないものとします。

・本ソフトウエア及び、操作マニュアルの一部または、全部をバックアップ以外の目的で無断複写することは禁止します。

・本ソフトウエア及び、操作マニュアルの一部または、全部をを当社の許可なく引用、改変、掲示、送信、販売することは禁止します。

ページTOPに戻る



サイトTOPGISSurvey Planプライバシーポリシー会社案内お問合せ
海賊版について北東北の山と花の旅かまくらやきDivingTakahashi Sokuryou
Copyright (c) 2005-2021 By Geographic Information Research Co., Ltd. All Rights Reserved.
sitemap